F1の歴史や基礎知識

国旗

正式名称「フォーミュラ・ワン」

観戦ツアーを企画するほど、世界中の熱狂的なファンがいるF1は「フォーミュラ・ワン」の略称になります。日本をはじめとする世界各国で抜群の知名度があり、F1に興味がない人でもその名前は聞いたことがあるでしょう。F1はFIAと呼ばれる国際自動車連盟が主催しており、すべてのモータースポーツの頂点とも言えます。

長い歴史と伝統を持つ

F1は1950年から開催されており、現在でも毎年欠かさずに開催しています。記念すべき第1回目はイギリスのシルバーストン・サーキットで行なっております。60年以上もの歴史と伝統を誇る大会となっているのです。F1はヨーロッパを中心とした都市で開催され、レースごとの順位によって貰える点数である「チャンピオンシップ・ポイント」の合計で優勝者が決まります。

世界最大の開催

現時点でF1は世界最大規模のモータースポーツと言われています。その理由に、世界3大スポーツイベントとしてFIA直々に認めているからとなっています。実際にF1は毎年世界各地で開催され、その観客数やテレビ観戦数が世界的に見ても規模が大きいです。また、実際に生で観戦してみると、その規模が分かるでしょう。初めて観戦ツアーで見学した方も、その迫力の虜になった方が多いです。

F1の基礎ルール

ここでF1の基礎ルールを見てみましょう。F1に出場するチームは毎回10チームになります。1チーム2人の固定ドライバーを設けて合計20人がレースに参加する形です。全10チームのうちの6チームは自動車メーカーで、残りのチームはレースのために個人の企業が投資を行なうプライベーターとなっていますよ。F1では自動車メーカー系の方が強いとの言われる声が多いです。

有名なグランプリ

F1は毎年世界各地で開催されているのが特徴です。世界的に見ても有名なグランプリと言えば「モナコGP」でしょう。世界3大レースと言われているほど有名で特別なレースになります。モナコ公国全体でF1を盛り上げるので、F1ファンなら一度は現地で観戦したいグランプリとなっていますよ。観戦ツアーでも人気で、ツアーを利用して訪れる観光客も多数いるのです。

新着情報

広告募集中